« 通常通りの火曜日 | トップページ | すご~い!ピアノのクラフトのオルゴール »

2013年6月 5日 (水)

モノを捨てる気持ち

となりの実家…もう誰も住んでなくて、ピアノのレッスンのみに使っているのですが、先日も書いたように、今年は母の13回忌なので、気持ちの整理とともに、家の中も大々的に片付けています。

といっても、まとまった時間がなかなか取れないので、思い切った整理整頓がなかなかできません…

でも、思い出と惜別するために、人の手を借りずに、自分で整理していきたいので、コツコツとやっています。

2階の納戸からは、びっくりするようなものが出てきますね~(笑)

昔、よく母が毛糸を繰るときに使っていた、傘の骨みたいなものとか(わかる人にはわかるかな~)

古い毛糸やハギレ、薄いスチール製の「柳ごおり」みたいな衣装ケース…とか

やもりんの娘達が、子供ころに使っていた積み木も出てきました…父は何を考えたのか、その積み木を自分の好きな形の高い塔に組み立てて、全部ボンドで引っ付けて、しかも、ペンキで塗って、なんかオブジェみたいにしてましたけど(笑)

お父ちゃん、こんなことしたらもう誰も使えないじゃない!って思わず心の中で叫びました~happy02でも父らしいわぁhappy01

ほかにも父は、航空機が大好きだったので、集めた本を几帳面にファイルしてあったのですが、こちらも、もうそろそろいいよね…とつぶやきながら、ファイルをばらして中身を縛りました。

いろいろ整理して、処分するものはゴミ袋に入れて…この時点で、気持ちも整理できています…思い出たちもゴミ袋に入れた瞬間から、「ゴミ」という名前に変わりました。

夕方には、そのゴミたちを車いっぱいに積み込んで、倉敷市の環境センターに捨てに行きました。

先ほどの航空機のファイル…金具があるので、どのように捨てていいのか分からず、環境センターの作業職員のおじちゃんに尋ねたら、「たくさんあつめたんじゃなあ…飛行機のばっかりじゃが…」と言われました。

飛行機の絵がついているから、もちろん飛行機のファイルだと判るのですが、なんか、おじちゃんの言い方が温かくて、うまく言えないけど、父が大事にしていたものを捨てることへの罪悪感みたいなモノが、最後の最後にすっと消えていったような感じでした。

昔の人たちは本当にモノを大切に使って来たのを感じるのですが、うちの両親も例外ではなく、いろんなところを修理したり、つぎはぎしたりしてあるのを見ると、無駄のない質素な暮らしぶりを私も見習わないといけないなと本当に思います。

ただ、年月が経って、もうこれから使うことがないと思うモノや、古くなってしまったモノは、感謝の気持ちをもって、捨てる勇気も必要ですね。

自分が、亡くなった時に、残された家族が片付けするのに困らない程度のモノとともに暮らしたいと思っています。

Cimg0278

↑昨日、いつもの生徒さんからいただいたお花。

ゆりが見事ですね…いつも本当にありがとうございます。

癒されるぅ…heart02

« 通常通りの火曜日 | トップページ | すご~い!ピアノのクラフトのオルゴール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695221/51968424

この記事へのトラックバック一覧です: モノを捨てる気持ち:

« 通常通りの火曜日 | トップページ | すご~い!ピアノのクラフトのオルゴール »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問ありがとうございます

無料ブログはココログ

ウェブページ