« わくわくフライデーNO、327 & 吹奏楽コンクール & 徳島へGO | トップページ | 今日は、ぐだぐだDAY »

2012年8月11日 (土)

徳島・祖谷のかずら橋~月見ヶ丘海浜公園~大塚国際美術館 & 淡路島 & 京都へ & 大渋滞の中帰宅

happy02徳島で迎えた朝…

夫と、次女と3人での家族旅行です(長女は仕事の都合で欠席)

雨がパラパラ降っています…かんかん照りで日差しが強いよりは、いい感じですhappy01

まず…大歩危・小歩危の吉野川渓谷伝いに走りましたcar

Cimg4702

ラフティングの名所らしいです…ラフティングの様子が見えました~eyeCimg4703

↑目指してきたのは、ここ…

Cimg4708

↑祖谷(いや)のかずら橋です。

Cimg4713

↑その昔、平家一族が、追っ手から逃れるために、いつでも切り離せるようにシラクチカズラという植物で作ったと言われている橋…

今では、3年に一度、架け替えられているので、安全だと言うものの…

Cimg4714

↑足元はこれですからcatface

Cimg4715

↑ほら…手前に写っているのはやもりんのつま先ですsweat01

10数メートル下の渓流が見えるし、音が聞こえるし、揺れるし…オマケに今日は雨だからすべるかもしれないし…傘持ってるし、カバンもあるし…bearing

やもりん、そんななか…camera撮影頑張った~っhappy02

2012081110280000

↑でも本当に小さな子どもさんも、しっかりと渡っていましたから、泣き言は言ってられません…恐怖の体験でしたが、ゆっくりと確実に橋を渡りましたよ~happy01

Cimg4723

その奥には、琵琶の滝と言うこんな場所もありました。

Cimg4726

頑張って、かずら橋を渡ったので、美味しい鮎を食べました~fish

Cimg4727

↑この鮎、全然臭みがなく、脂がのっていて、程よい塩加減…じっくりと炭火で焼いているからでしょうか…本当に美味しかったです。

car car car

さてその後、一路鳴門方面へ向かいました。

Cimg4728

↑昨日、番組の中で、電話つなぎをさせていただいた「月見ヶ丘海浜公園」に立ち寄ってみることに…

車で走っていると、一面サツマイモ畑です…鳴門金時なんでしょうね~

Cimg4731

「月見ヶ丘海浜公園」なんと広くて気持ちのいいところなんでしょう!!

コテージが並んでいます…

Cimg4741

↑こちらはビジターセンターです。

昨日ご紹介いただいた「ジャブジャブ池」もあります…

Cimg4737

↑こちらは海水浴場です。13日まで泳げるそうですよ~yacht

Cimg4739

↑そして向こうに見えるのは、「とくしま阿波踊り空港」です。
ほんとうに、空港に隣接しているんですね~airplane

飛行機の離発着を見れるのは、わくわくしますね~heart04

Cimg4733

↑こちらでランチをいただきました~restaurant

塩焼きそばの上に、なると金時チップスがのってる!!

Cimg4734

↑そして、これが話題のおススメの「アイスコッペ」です。

いつもラジオでうかがうばかりでしたが、ついに食べました~happy01

揚げパン熱々のなかに、ソフトクリームが挟んでありマース!

非常に美味しかった…flair

Cimg4732

↑そして、なんと…

いつも電話で声だけ伺っていた方…瀬戸さんにお会いしましたheart02

あ~何度もお電話だけでお話してましたが、ついにお会いできたと言う感動でした~happy01

瀬戸さ~ん、突然伺って、ビックリさせてしまってごめんなさいね~coldsweats01

ありがとうございましたhappy01

事務所の方に写していただきました…ありがとうございました。

car car car

さて、次なる場所へGOです!

鳴門市は、大塚製薬の本部が置かれている場所でもあるそうです。

Cimg4742

↑だから、大塚製薬の倉庫の壁は…こんな感じです。

Cimg4788

↑目的地に到着です。

「大塚国際美術館」です。

Cimg4745

↑入館料は大人3150円です。確かに…安くはないけれど、以前から、番組でもご紹介いただくたびに、この金額を出しても満足できる美術館だと確信していましたので、今回は、家族それぞれ、自分のチケットは自分で買うことにしました(笑)

ここの美術館は、展示スペースが、地下3F、地上2Fの広さで、世界最大級の美術館です…世界25カ国の190以上の美術館の西洋名画1000点以上が、陶板に焼き付けて復元してあり、全部見て歩くと、延べ4キロメートルの距離があるとのこと。

この陶板に焼き付けたものは、2000年以上も色があせることがないといわれており、名画の保存の役割を果たしているのだそうです。

Cimg4747

↑一番最初に見るのは、この「システィーナ礼拝堂」の壁画・天井画です。

現地へ行くことなどまずありえないやもりんにとっては、本物と同じ状態でこのような絵画を見ることは感動でした…shine

もっと、じっくり時間をかけて見上げていたら、色々なものが見えるんだろうなと想いつつ、次へ進みました。

Cimg4753

↑こちらは、スクロベーニ礼拝堂です。

こうして、有名な礼拝堂それぞれを正確に再現してあるので、本当に厳かな気持ちになります。

ここで、ウェディングも行われているらしいですよ~heart02

いい雰囲気ですね…

やもりんも、こんな礼拝堂で賛美歌を演奏してみたいです…note

Cimg4759

館内は作家ごとやカテゴリーごとにブースがまとめられていてとてもわかりやすいです。

↑これは有名な「最後の晩餐」ですが、教科書などで見るだけでは大きさもわからないけど…人と比べてみると、こんなに大きな絵だとわかりますね~

しかもこちらは、修復される前の状態の「最後の晩餐」

Cimg4758

↑こちらは、修復された後の「最後の晩餐」です。

解説によると、レオナルド・ダ・ビンチは、この壁画をテンペラ画法という描き方で書いたため、描いた直後から侵食が始まり、たくさんの修復師の手によって、元の絵に書き足されたものがあったりして、元の絵とは違ったものになってしまっていたとか…

だから最後に修復したときには、洗浄作業を中心に行ったそうですが、新たにわかったことも色々あったそうです。

その修復前と、修復後の両方を前後の壁で見ることが出来るなんてすごいですね…

Cimg4761

↑有名な「モナリザ」の前では、写真撮影の人が絶えません…記念に「モナリザ」と一緒に写る人が、次々にピースをしてました~camera

Cimg4766

↑そしてこれが、先日、番組でもご紹介いただいた、「100人名画に挑戦」と言うイベントで、それぞれのパーツをみんなで塗って仕上げた「ビーナスの誕生」です。

なかなか味わいがありますね~

お話を伺っていたものは、こんな感じだったんだと、とっても興味深かったです~flair

ちなみに陶板の現物はこれです↓

Cimg4757

あまりにも有名な絵画ですね。

Cimg4769

↑スイレンの池では、色とりどりの花が咲いていました。

Cimg4770

↑紫のスイレン…綺麗でした~shine

Cimg4775

↑ピンクも愛らしい…

Cimg4773

↑そして、陶板は、外でも色あせないそうで、ここにモネの「スイレン」が飾ってあります。

幻想的な感覚…素敵な空間でしたよ~shine

Cimg4779

↑昔から「ベルサイユのばら」でとっても興味を持ってた「ポンパドゥール夫人」の肖像画…この時代のドレスの感じが、とっても素敵…こんな大きさの肖像画なんだと、これも感動でした。

Cimg4783

↑そして、教科書でしか見たことない「ナポレオン1世と皇后ジョセフィーヌの戴冠」

こんなに大きな絵なんですね~わかりやすいflair

Cimg4780

↑他の絵画も、こんな感じでたくさん並んでいます。

Cimg4781

↑しまいには、時間がなくなり、早足で見る感じになってしまいました。

Cimg4785

ほんの数時間で全部をゆっくり見るのは不可能ですね…

いちにち、もしくは数日かけてじっくり鑑賞したいと思いました。

絶対に行きたいと思っていた「大塚国際美術館」に伺うことが出来て、本当に良かったです…

heart02 heart02 heart02

さて、その後、「大鳴門橋」を渡って…

Cimg4789

淡路島へ上陸しました~flair

やもりんは、淡路島、初上陸です。

もう5時を過ぎているので、どこに行くということもなく、道の駅に立ち寄り、淡路島名産の「玉ねぎ」をGETsign01

今まで知らなかったんですが、淡路島は「玉ねぎ」が有名なんですね~shine

完熟玉ねぎは、水にさらさなくても甘味があり、美味しいそうです。

Cimg4794   

↑水平線にもうじき太陽が沈みますね…綺麗な景色です。

Cimg4802

さて、そのまま「明石海峡大橋」を渡って…

向こうに見えるのは神戸の町並みです。

すっごい~都会sign03

Cimg4804

↑そのまま走って京都に到着です。
次女をアパートまで送り届けて、しばし休憩して、そのまま倉敷に帰る事にしました。

昨日から運転は、すべて夫がしていますので、やもりんはお気楽モードですが、今回はちょっと大変そうでした~

Cimg4810

↑お盆の帰省ラッシュと重なり、京都から豊中まで25kmの渋滞…の表示!

大阪の茨木までノロノロ運転で2時間くらいかかったので、高速を降りてしばらく一般道を走り…

夫は、よれよれになりながら…走りました~coldsweats01

結局、京都を夜10時半に出発して、倉敷に帰り着いたのは、翌朝の6時半でした!

でも有意義な密度の濃い一日…徳島、良かったです~shine

« わくわくフライデーNO、327 & 吹奏楽コンクール & 徳島へGO | トップページ | 今日は、ぐだぐだDAY »

コメント

恵利ちゃん  素晴らしい旅の感動を分けてくれてありがとう!!  
私まで旅行した気持ちになりました。楽しい家族旅行に出会いにおいしい食べ物。 また楽しみにしていま~す。

大和撫子さーん!
遠く海外からいつもご覧頂きありがとうございまーす!
日本にいながら、まだまだ知らないところがたくさんあります。
また、旅する機会があったらしっかりリポートしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695221/46672716

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島・祖谷のかずら橋~月見ヶ丘海浜公園~大塚国際美術館 & 淡路島 & 京都へ & 大渋滞の中帰宅:

« わくわくフライデーNO、327 & 吹奏楽コンクール & 徳島へGO | トップページ | 今日は、ぐだぐだDAY »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問ありがとうございます

無料ブログはココログ

ウェブページ