« 暑くても…沙美海岸 | トップページ | ウェルカム…やもりちゃん »

2012年6月29日 (金)

わくわくフライデーNO.321

本日の「わくわくフライデー」karaoke

最初のコーナーは…

7月1日(日)に瀬戸内市邑久町「長島愛生園」で行われる

第13回 ふれあいコンサートin長島 の話題でした。

Cimg4237

長島といえば、ハンセン病患者の療養所のある場所です。

Cimg4241

↑お越しいただいたのは、このコンサートのお世話をして下さっている

和田英昭さんです。

和田さんの奥様が、学生時代にボランティアで長島へ船でわたって交流していたことがあったそうですが、昭和63年に長島大橋が開通したのをきっかけに、家族で長島へ訪問し、その後、交流が続いているそうです。

児童文学作家でもある、和田さんは、その後、「私の船長さん」というハンセン病患者を題材としたおはなしを書かれ、出版された本は、多くの皆さんに、ハンセン病を知っていただくきっかけになっています。

ハンセン病の偏見や、差別問題が開放された今でも、長島にはハンセン病患者の方が500名ほどおられるそうですが、高齢化が進み、患者の方の平均年齢は82歳だということでした。

このコンサート開催と同時に、「長島愛生園」の施設見学や、園のみなさんにお話を聞く時間も設けてあるそうです。

多くの皆さんに、足を運んでいただき、忘れてはいけないハンセン病の歴史への理解をしていただきたいですと、和田さんは、おっしゃっていました。

和田さん、お忙しい中、ご出演どうもありがとうございました。

noodle noodle noodle

続く、ひろやすさん ご提供の食育のコーナー

「キッチンより愛を込めて」は、

「和食の命・鰹節」と言うタイトルで、有井京子先生にお話いただきました。

Cimg4244_2

↑本日、有井先生は鰹節と削り器を持参…

スタジオで、実際に鰹節を削って下さいました。

Cimg4245

↑昔は、鰹節を削るのは当たり前の家庭の風景でしたね…

我が家にもありました~flair

カンナで木を削るような感じで、爽快な音で、削って…木屑のようなかつおぶしは、本当に風味が豊かで美味しいお味でした。

昔ながらの作業をして、お出汁を取ることも、やってみると意外な発見があるかもしれません。

有井先生、今日も楽しいお話でしたね…有難うございましたconfident

ribbon ribbon ribbon

次のコーナー 「JB本四高速」さんご提供の

「愛LOVE瀬戸大橋」では

愛媛県 砥部町から「権現山・流しそうめん開催」の話題でした。

砥部焼きで有名な砥部町ですが、豊かな自然に囲まれた美しい町なのだそうです。

標高440メートルほどの権現山のふもとで、毎年恒例の流しそうめんが7月1日から行われます。

夏休みに向けて、七夕祭りイベント(8月4日)や砥部焼きの絵付け体験なども出来るそうです。

砥部町のキャラクター「とべっち」も人気者のようです。

皆さんもお出かけ下さいね。

お電話でお話下さった、小濱さん、ありがとうございましたconfident

note note note 

本日も無事にオンエアすることができましたhappy01

関係者の皆さま、本当に、有難うございましたconfident

restaurant restaurant restaurant

仕事の後片付けや、録音の編集を終わらせて、

今日は身体のメンテナンスに行きました。

その後、大好きなお友達と会って、しばらく近況報告…。

暑さに向けて、身も心もすっきりですheart02

メンテナンスして下さった先生方、そしてYさ~ん、ありがとうございましたconfident

« 暑くても…沙美海岸 | トップページ | ウェルカム…やもりちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1695221/46064978

この記事へのトラックバック一覧です: わくわくフライデーNO.321:

« 暑くても…沙美海岸 | トップページ | ウェルカム…やもりちゃん »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

訪問ありがとうございます

無料ブログはココログ

ウェブページ